ドラマ Ns' あおい  第十一回 2006年3月21日放送 あらすじ&レビュー

泉田の呼吸停止から二分。あおいは電話の向こうの高樹に、挿管をやらせて欲しいと申し出る。
医療器具はアンビューしか無く、工具のレンチがある位だ。
「美空、やれ。」高樹は決断を下す。針金、ハンガー、チューブなどを使ったあおいの緊急措置で救急車が来るまでの間に泉田の呼吸は回復し、生命の危機は免れた。
だが、このあおいの行動に対し、倫理委員会が召集されることに。
あおいは病床の泉田に言う。
「約束破ってしまいました。でも後悔はしていません。」
倫理委員会で、あおいは医師法違反、高樹は指示義務違反で取り沙汰され、詰問を受ける。ナースステーションでは仲間が集まり、何かできることはないか考え、ナース、メディカルスタッフ全員の署名を取りつけて田所に提出するのだが、田所からは誰の為に医師や看護士をやっているのか、代わりならばいくらでも居ると、言いくるめられてしまう。一方田所は、病気がちの母親から電話が気になっていた。
病院に大口の寄付をしているということで田所が優先的に特別室に泊まらせていた奥田が緊急事態になる。居酒屋番長に集まって田所の悪口を言っていたスタッフ達だが、小峰へのワンコールで全員召集し、迅速な連携で奥田を救う。自分の立場が危うくなる所を助けられた田所だが、悲しい出来事が起こっていた。母親が急死したのである。屋上でぼんやりしている田所はあおいは声をかけられ、つい母親の事を話してしまい、「偉くなる事が親孝行だと思っていた。」とぽつりともらす。
倫理委員会の処分決定の前日、小峰は高樹と話をする。「田所は高樹に自分を見ているのでは・・。」地方出身だというだけでグループからつまはじきにされた田所、かたやただ患者の為にやって来た高樹、どっちが不器用なのか分からないと小峰は言う。
あおいにべったりくっついている北沢は、こんな時に他人のことを考えているあおいを不思議に感じるものの、だんだんと憧れを抱くようになっていた。あおいは北沢に、「北沢君看護士向いているよ。優しいから。」と言う。
あおいと高樹の処分が決定した。高樹は管理責任で一ヶ月の謹慎、あおいは解雇で清天会グループから追放ということになる。高樹は理事グループの面々に向かい、ルールは大事だが、あおいの取った行動は理屈ではなく、目の前で苦しんでいる人を助けるという単純な事だった、法律は、正しい事を行うためにあるのであって、人を裁くためにあるのではないと言う。幼いころに教わった、人には優しく、嘘はついてはいけない、困った人がいたら助けてあげなさい。そんな事と同じだと。
あおいと共に辞職しようとする高樹に、待ったをかける者がいた。田所だ。田所は自分がその場を黙認した事を告白し、あおいも高樹も病院にとって必要な人間だと発言する。
田所は桜川病院を退職する。山形の医療センターから院長待遇で声がかかったというのだ。院を去る前に田所は泉田を見舞い、「新病棟の件はあなたにお任せします。」と言う。
廊下ですれ違う高樹に、「桜川はいい病院だ。頼んだよ。」と田所。高樹は田所の後姿に深々と頭を下げる。
ロビーではあおいが田所を待っていた。そして外ではスタッフ一同が、「お世話になりました。」と田所に礼をする。田所は聴診器を江藤に渡し、「安物だけど、君のよりはましだろう。」と笑う。
「また戻ってきて下さい。もっともっと偉くなって・・・」
とあおい。皆で田所を見送る。
北沢は看護学校に合格し、泉田は総師長として復帰した。
車椅子の患者と一緒に、幸せそうに桜の花を見上げるあおい。


レビューは後程・・




テレビドラマの時間 三田ちゃんのそら見たことか
http://mitachan.seesaa.net/
[PR]
by mitachan2006jan | 2006-03-23 12:27 | ストーリー&レビュー


ドラマ Ns' あおい... >>