大河ドラマ 功名が辻 第一回 2006年1月8日放送 あらすじ&レビュー

第一回 桶狭間
今から430年も前のこと・・
千代は、近江浅井領の地侍の娘として生まれる。農作業に精を出す毎日。ある日、
六角氏との争いが始まり、父は戦に駆り出される。出立の時父は、病気の母を頼む。
もし私が戻らなかったら美濃の不破氏を頼るのだと千代に言い、馬に乗って行って
しまう。千代は櫓の上から、父の後姿が点になるまで見送る。


続きを読む
[PR]
by mitachan2006jan | 2006-01-11 17:57 | 2006年第1期ドラマ


<< ドラマ 西遊記 第一回 200... ドラマ Ns' あおい... >>