<   2006年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ドラマ Ns' あおい  第八回 2006年2月28日放送 あらすじ&レビュー

桜川病院で、突然の人事異動が行われた。田所が副医院長に昇進したのだ。第一候補と目されていた浜松部長を飛ばしていることで、院内は大騒ぎだ。
田所は、今後の方針として病院の抱える不良債権の処理を挙げ、病状の好転が望めない患者、末期患者、ベッドの差額が払えない患者は転院させることを提案する。総師長も、田所の病院の運営方針に賛同し、赤字という大病すなわちガン細胞は完全に取り除かねばならない、大手術が必要だと言う。院長付き室長として副医院長を退いた大倉は、自分の方針を変えられたことに猛反発するが、田所は、「銀座の料亭やクラブに通う以外、あなたが何をしてきたと言うんですか?」と切り捨て、おまけに大倉には、栄転とは名ばかりの、とみだ島の院長を命じる。
美沙子と美保が北海道へ行くことを知った高樹は、美保も新しい父親に納得しているのか聞きたいと美沙子に頼むが、美沙子は、「娘の病気にも気付かなかった人に期待することもなければ、私たちがあなたに何かしてあげたいと思うことも何もない。」と言う。
高樹が家族を犠牲にしてまで救った意識不明の白井を世話をする妻はあおいに、スノードロップが高樹の好きな花だと教える。白井の妻は、一人では大変なので花屋をやめるという。
あおいは高樹から白井が転院の対象だと聞かされて抗議するが、高樹は「何かを得るためには何かを捨てなければならないこともあるんだ。」とあおいに厳しく言う。小峰はあおいに、一番辛いのは高樹だと、以前の高樹の話をする。高樹は医療に理想を抱いた「青臭い」熱血医師で、よく田所ともぶつかっていた。患者の為に昼夜を問わず必死に働いたが、家族を置き忘れていた。白井が病院に運ばれた日、美保は朝から咳をしていたが、高樹はドクターコールを受けて病院へ急行した。美保は救急車で運ばれて来たものの、高樹は自分では治療できないと言い、白井を優先した。美保の手術は田所が行い美保は危機を免れたが、あれ以来、高樹は田所に頭が上がらなり、病院の体制に口を出すことができなくなったという。
意識のない白井を診ながら高樹はあおいに言う。命はとりとめても意識は回復させることができなかった。それなのに白井の妻は、生きていてくれるだけでいいと言ってくれる。なんとしても白井を助けたいと。「スノードロップの花言葉、希望だそうだ。」と高樹。
あおいと北沢は、病院の外で高樹の娘の美保が立っているのを見かける。母から父に会うなと言われているらしい。美保は、父親に渡して欲しいとバイオリンの発表会のチケットをあおいに託す。父の好きなエルガーの曲を弾くと言う。高樹は当日当直だったが、あおいは自分と江藤と北沢に任せて欲しいと言い、高樹を休ませることに。「有難う。」と高樹は好意に甘えることに。夜高樹は、新しい父親と仲良くしている美保を思い出しながら、離婚届にサインをする。
日曜日、高樹が病院を出たあと、運悪く患者の五郎が腹膜炎で倒れてしまう。田所は医師会でゴルフに行っていた。江藤は病状は把握したが、腹に針を刺して腹水を取ることはできなかった。あおいは意を決して高樹の携帯を鳴らし、先生が必要なんですと言う。五郎は助かったが、発表会はすでに終わっていた。
あおいは、今から急げば飛行機に間に合うと、高樹を空港に行かせる。間一髪空港のゲートをくぐろうとした高樹は、娘の名を叫ぶ。美沙子は美保にバイオリンを渡し、美保は高樹の前で、弾くはずだった、「愛の挨拶」を演奏する。拍手をする高樹。「またね。お父さん。バイバイ。」娘は笑顔で高樹の前を去っていった。
居酒屋番町で高樹は一人酒を飲む。小峰が現れ、美沙子が高樹に渡すように頼んだという美保の昔書いた作文を出す。そこには、忙しくてかまってくれないが、病気を治す父が好きだ、医者の父が大好きだと書いてあった。それを読んで高樹は泣き崩れる。
翌日、高樹は田所に白井はこれからも自分が見ると言う。希望のない患者はいない、すべての患者に希望はあると言う高樹。「宣戦布告?」と田所は言う。「冗談だよ。」
白井の病室を訪れるあおい。白井の呼吸器が外され、スノードロップが枯れている。

レビュー
高樹の娘の真相が明らかになり、ひとつの別れと悲しき癒しをもたらす回。病院の経済事情のはざまで高樹も揺れ動き、白井を手放すことを余儀なくされる。娘を手放す変わりに救った患者への思い入れもかなわず、自分も大きな流れに飲み込まれてしまう高樹。だが、夕暮れの空港で高樹はひとつの幸福な終末に行き着く。そこでは親子の価値が静かに語られ、高樹は「永遠の思い出」を刻む。そしてこれまで娘がずっと自分を理解してくれていたことに気が付くのだ。滔々と流れるのは虚しい時間ばかりではない。安息を約束された信者のように、高樹は医療に一生を捧げてゆく。日本医師会のおのおのがた連中に見せたい内容となった。
[PR]
by mitachan2006jan | 2006-02-28 23:00 | ストーリー&レビュー

ドラマ Ns' あおい  第七回 2006年2月21日放送 あらすじ&レビュー

あおいの前で倒れた小峰は、何でもないと言って仕事に戻る。いつも通り口は悪いが、病棟の患者たちを細やかに気遣ったり、看護婦達を叱責したりしている。
「ネコミミ」こと佐伯は小峰の担当する病室の患者だが、見舞いに来る家族がいなかった。小峰は佐伯の誕生日を覚えており佐伯を喜ばせるが、「私だっていつまでもあんたの世話をしてあげられるわけじやないんだから。」と言う。
小峰は病院に辞表を提出していた。知り合いのつてで歯科医の受付になると言う。息子の拓が四月から小学生で、一緒にいる時間を増やしてやりたいと言うが、あおいのように家族を犠牲にして人の為にがんばるのはつかれてしまったと言う小峰。あおいは小峰が辞めることがショックで、北沢の誘ったライブにも行こうとしなかった。
佐伯は、大好物であるサクランボのマークが入っている腹巻を小峰に編んでもらう。小峰のことをお袋みたいだという佐伯。
ある日小峰は看護士の怠慢な仕事に文句をつけるが、看護婦の加納は、小峰は単に自分で責任を取りたくないからうるさいのではないかと反論する。十年前の事件で、小峰は部下に責任を押し付けて辞めさせたというのだ。小峰は言い返そうとするが、その瞬間腹を押さえて倒れてしまう。
小峰の病気の診断結果は、多発性子宮筋腫だった。現在婦人科は満床なので、内科で貧血の改善を図りながら様子を見ることになる。担当は田所、あおいになった。あおいは拓の面倒も見ると言う。
小峰の子宮は、通常鳥の卵の大きさのはずが、メロン大にまで膨らんでいた。婦人科の須藤は、全摘が最善だと言い、田所もそれを勧める。あおいは田所にそんな言い方はないというのだが、小峰はあおいを制止する。
小峰が全摘をしたくない訳は、拓の兄弟が欲しいと思っていたからだった。拓の父親は医者だったが、小峰の腹に子供がいると分かった途端姿をくらませたと言う。佐伯のように、私も家族に恵まれなかった。子供も好きだから、いい男を見つけて、サッカーチームが作れる位子供を作りたいと思っていたなどと泣きながら話す。
拓はあおいの部屋に母親とまだ見ぬ弟のぬいぐるみまで持ち込んで、そのぬいぐるみと一緒に寝る。あおいは小峰の為に何か出来ないものかと考えていた。
あおいは高樹に小峰の事を相談するのだが、高樹も小峰の体を考えれば全摘の方がいいのではと言う。あおいは、もし患者が家族だったら本人の希望をかなえてあげたいと思うのではないかと言う。
高樹の妻美沙子が病院にやって来る。友達の小峰の気持ちを察しながら、「あなたに女の気持ちは分からない。」と言う。美沙子には今付き合っている人間がおり、美保もなついているので離婚届にサインをして欲しいと頼む。
看護士達は小峰のナースコールが多いと愚痴をこぼすが、あおいは、小峰は人一倍責任感が強いから病院とみんなのことを思っているのだと弁護する。婦長の緑川も、十年前事故を起こした新人を最後までかばったのは小峰で、自分が本院へ移動するという話にもタンカを切ってここにいさせて欲しいと言っていたことなどを話す。
江藤はあおいに、婦人科の須藤はなんでも切ってしまう全摘屋という噂で、人一倍プライドも高いという話をする。ただ、近く田所には大出世の話があり、須藤も田所の言うことなら聞くのではないかということだった。
夜、小峰は佐伯の容態が気になって病室へ行く。すると佐伯が倒れていた。すぐに診察室に運ばれたが、小峰の話では急性腎不全かもしれないという。診察室から追い出されそうになる小峰は、自分がいかに佐伯のことをよく知っているか懇々と話し、病棟患者は看護士にとって家族だ、ずっと一緒に入退院を繰り返してきた佐伯は家族なのだと言う。しばらくして佐伯の病状は安定化する。
高樹は田所に頭を下げ、小峰の望みどおりに筋腫のみの摘出にするよう不動に進言してやって欲しいと頼む。田所は高樹に、「君が頭を下げるのは二度目だが、今度は返してくれるんだろうね。」と言う。
あおいではてこでも動かなかった須藤の意志は、田所の一声により変わり、小峰は全摘を免れ、難しい筋腫摘出の手術は成功する。
病院を辞めるつもりだった小峰だが、看護婦達が「小峰は内科病棟に必要な人で、まだ教わりたいことが沢山ある。」と言ったことで、小峰の覚悟は決まり職場復帰、辞表は撤回された。総師長室から出てくる小峰に、病棟中の人間が拍手を送る。
高樹の携帯に娘からメールが。「北海道に引っ越すことになった。」という。


レビュー
自らの体内にメロン大の筋腫を抱えて生きる小峰。体の不安や取り巻く世間の厳しさと、よりそう家族達が対比して描かれている。病に倒れなおも前線で働き、医療人としての条件を指し示す小峰の情緒溢れる確かな人間性が伺われる内容だ。嵐のようにタンカを切り、昔を思い返してはどこかで涙を流し、入院しながらも患者を静かに見守り続け、本心を見せたがらないならず者的人格を装う。いやはやなかなかできる技ではない。一連の流れも手伝って、内科病棟の結束は決定的に強くなった。この一体感のあたたかさ・正直な気持ちのすがすがしさが、やせ我慢の行動力を支えて行く。頼もしさが溢れる回であった。
[PR]
by mitachan2006jan | 2006-02-22 03:41 | ストーリー&レビュー

ドラマ Ns' あおい  第六回 2006年2月14日放送 あらすじ&レビュー

「ハリー先生ハリー先生。」院内にハリーコールが鳴った。駆けつけた江藤は患者の呼吸不全を過換気症候群だと診断できず、あおいの力を借りて事なきを得る。同僚からは辛辣な陰口を叩かれ、小峰からは「あおいママがいてくれてよかったね。」と皮肉を言われる。
田所は、江藤を代議士笠井の担当医にする。弁膜症からの心不全だという。賄賂の噂をたてられてワケあり入院というわけだ。だがあおいは笠井の過去五年の人間ドッグのデータを江藤に渡し、高樹も、「どんな大打者でもバッターボックスでは肩の力を抜くものだ。」と、江藤の初担当を応援する。
江藤の作った食事制限を笠井は守ろうとせず、ステーキを食べさせろと言う。本当はいたって健康なのだ。孫の守がやって来て病院を走り回り、患者たちは迷惑する。
笠井に何も言えない江藤を、小峰は病院の粗大ゴミと言う。それを後ろで聞いていた総師長は、「江藤には医者としての資質がある。それが見抜けないようじゃ、あなたもまだまだね。」と言う。小峰は何も言えない。が、控え室では、「江藤は使えない。」とぼやく。
高樹の妻が病院に来て手紙を置いていった。日曜日、離婚届にサインをして持ってきて欲しいということだった。高樹の妻を知らないスタッフ達は、合コンでお持ち帰りしたスイカップの女性ではないかと噂する。
笠井の為に色々考えるものの、田所に相手にされない江藤。高樹にはドッグのデータを見ることを褒められるが、つい弱音を吐く。昔から、お前はすごいから頑張れ頑張れと言われてきたが、本当は何も、誰も期待していない。でも父母を失望させたくない・・・。家族なんていない方が楽だと。
あおいは屋上で落ち込む江藤を見つける。先生ご自身はどうしたいのかと尋ねるあおいに、江藤は自分の祖父の話をする。江藤の祖父は、他の病院が見捨てた患者を全部治してしまう、ヒーローのような医者だった。あおいは祖父のことを語る江藤に言う。「先生は人間らしい。うろたえたり、興奮したり、悩んだり・・、優しすぎるが、私は好きだ。私は担当医の江藤先生の決めたことに従う。」しかし江藤は、自分は担当医でも代打でもない、ただのボールボーイだと呟くのだった。
あおいは病院のロビーで総師長を見つけ、江藤のことをなぜ資質があると言ったのかを聞く。総師長は、江藤の祖父から、江藤が子供の頃の話を聞いたと言う。ある日鳥を連れて帰ってきた江藤が、最後まであきらめずに手当てして、ヒナを助けたというのだ。だがその後で、権威ある人間の孫を大事にしたほうが病院の為になる。とも言い、どちらを信じるかは、「あおいの自由」だと言う。
日曜日、清天グループの全体会議で医者が少ない時間、ハリーコールが。笠井がアルコールを飲んで倒れたのだ。妻に会いに山下公園まで来ていた高樹は病院へ急ぐ。だが、患者の容態は急変する。吐瀉物が器官に入り、呼吸不全を起こしたのだ。医師は江藤しかおらず一刻も早い挿管が必要だった。だが、江藤は何もできずに呼吸の止まった笠井の前で泣き崩れる。あおいは、昔鳥を救った時のことを思い出させ、江藤は代打でもボールボーイでもない。必ず助けられると言う。
あおいの励ましに奮起した江藤は、挿管に成功し、笠井は命を取り留める。
あおいによって医者としての 自信を取り戻した江藤。守にヒーローのお面を渡され、田所の強権に屈せず、笠井に食事制限を命令する。守の為にも、元気で尊敬できる政治家でいて下さいと言う江藤に、笠井も心を改める。
その夜のことだ。残業をしている最中、あおいの前で突然小峰が倒れる。


レビュー
黒の瞳、情深い唇、雰囲気はパンダ君。石原ちゃんの力演、他の俳優に助けてもらわなくても十分個性を発揮できているのではないだろうか。サスペンスの女王片平さんも、おかあさん顔で見守っていた。今回のドラマで大きな成果を残したみたいである。ストーリーには今までのものとそうそう違いがあるわけではないが、印象深い空気がドラマに流れており、レビューする方もなんでだか若返っているといった感じではないか。高樹役の柳葉さんも、役に何らかの仮想的空間を作るよう心がけているようであり、それが大きな人間肯定にも繋がっている・・と思う。(別にごり押しで言っている訳ではないが。)
物語は、ヒーローである祖父の亡霊にたいする江藤のまごころが中心になっており、院内スタッフ達のコテコテな後押しもキラリと光りを保たせた。倫理に抵触するものに没交渉をつきつけ、医療人として達観の域に到達している姿に対しては、ロマンティズムさえ感じられる。そうだった。ひとつひとつの積み重ねが明日を作るのだ。というわけで、ついついどうして力が入ってしまう・・・。


テレビドラマの時間 三田ちゃんのそら見たことか
http://mitachan.seesaa.net/
[PR]
by mitachan2006jan | 2006-02-14 23:28 | ストーリー&レビュー

ドラマ Ns' あおい  第五回 2006年2月7日放送 あらすじ&レビュー

桜川病院には設備が不足していた。MRIは昨年設置したばかりで、高樹の望む機器どころか、電子カルテさえもまだだった。電子カルテの導入には6億もかかるという。各々の医者側が売り上げに貢献できなければ、満足な医療体制にならないという現況だ。
懐の寂しいあおいは、大貫さくらという患者に漬物をもらって仲良く話をする。が、帰ろうとしたさくらは急に倒れてしまう。原因は心臓の病気らしい。高樹によってすぐにペースメーカーを埋め込む手術が行われた。あおいの介護と献身も手伝い、元気になったさくらの退院日。あおいの為に糠漬けを作ると約束するさくら。
さくらの耳鼻科の担当医だった江藤は、福引で当てた時計をなんとなくあげたのだが、さくらはとても喜び、それを大事にはめて退院していった。
ある日さくらはひどい耳鳴りに悩まされ、桜川病院に来る。受付で、いつも何科に通院しているかと聞かれ、「耳鼻科です。」と答えるさくら。江藤の診察を受ける。耳鳴りは脳梗塞の危険もあるので、MRIで調べることに。ペースメーカーを埋め込んだ患者がMRI検査を受けたり携帯などの電磁波の近くにいれば、ペースメーカーが故障する可能性があるので、その確認が義務付けられている。しかしその時江藤は「ペースメーカー」という言葉を使わず、「脳クリップとか、体に金属とか入ってないか」と言い、確認もせずにカルテに「ペースメーカーの使用無」と印をつけてしまう。さくらがMRIを受けた後、待合室でぼうっとしているのをあおいは見つける。あおいは、話しかける言葉に対してさくらの意識が朦朧としているので、すぐにMRI室に駆け込み、事の成り行きを確認するが、その間にさくらはいなくなってしまう。
あおいはすぐに高樹に連絡を取り、病院のスタッフ達を動員してさくら探しが始まる。あおいも自転車で町に出る。師長達による緊急会議が開かれ、江藤の曖昧な表現に対して田所は江藤をかばい、江藤はちゃんと確認した。江藤の将来の為にもそこを曖昧にしてはならないと言う。
さくらは米屋の見える弥生町のバス停で降り、糠床をカートに詰め込み土手を歩いていたが、夜になりあおいがさくらを見つけた時には、すでに倒れていた。高樹によるペースメーカーの手術が再度行われ、さくらは命を取り留める。あおいは江藤に猛然と詰め寄るが、田所ら医師の力により、憶測でものを言っているのはあおいの方だと非難される。本当のことが知りたいと言ったあおいに江藤は、「ちゃんと確認した」と言う。病院の決定により、家族への説明にはペースメーカーの故障は原因不明だということに。医者と高齢の患者さん、どちらの言葉に信憑性があると思うかと総師長はあおいをたしなめる。「江藤先生はあきらかに嘘をついています。」と言うあおいだが、小峰以外に味方につく人間はいなかった。あおいはさくらに泣いて謝るが、さくらは、自分がフラフラしていたのが悪かったと言い、あおいの優しさを受け止める。
高樹に謝りに言った江藤に対し高樹は、さくらが自分のペースメ-カーよりも江藤にもらった時計の方を心配していたと告げる。一方あおいには、正しいことを主張するのがいつも正しいこととは限らないと言う。あおいは江藤に、「江藤先生は自分のミスを知っている。江藤先生もこの病院も変わっていけると信じていいんですね」と問いかけるのだが、江藤は黙って行ってしまう。


レビュー
進化からはみ出してしまったような婆さんのアプリオリな尊さを、凛としたあおいの思いで守ろうとする回。さくら婆さんのうまそうな糠床は、田所の心の水溜りを対置させたものか。いい加減な江藤の冷たさが一医師としてあるべからざる姿のままでいることで、日本の医療体系の欺瞞がいっそう浮き彫りになっている。だが江藤も、この世に「自分の在り処」は有らぬ位の疎外感の持ち主なので、さくらの気持ちを受け止めバランスを取っていくのだろう。
さあ、あおいは柔軟に、田所の「後ろ」を取っていけるだろうか?吹いた笛には「何か」が動くだろうか。
高樹の人生も物語に組み込まれてきた。意識障害五年の患者、別居中の妻、小峰との関係、来週はそれらがクローズアップされる。加えて、「負け医師」から出発した江藤の転回もあるみたいだ。



テレビドラマの時間 三田ちゃんのそら見たことか
http://mitachan.seesaa.net/
[PR]
by mitachan2006jan | 2006-02-07 23:04 | ストーリー&レビュー