ドラマ Ns' あおい  第二回 2006年1月17日放送 あらすじ&レビュー

転勤から一週間だ。あおいの勤める病棟に研修医江藤がやって来る。田所に取り入って耳鼻科志望から内科志望に変えたらしい。
あおいは次第に桜川病院の実情を知ってゆく。この病院では一人につき十人の患者を担当していること、保険の点数稼ぎの為に病院の前からも救急車を呼ぶこと、総師長の決めた桜川病院のルールである。
「やっぱりこの病院おかしくないですか?」というあおいに
「おれになつくな、ひっつくな」と高木。
その時、加熱した売り込み合戦をするMR製薬会社の営業マンたちの間に、あおいは野呂を見つける。以前患者が緊急の時、田所と一緒にいた営業マンだ。
あおいはぷいと通り過ぎる。

小峰とあおいは、少しずつコンビらしくなってくる。ある夜あおいは偶然、小峰が保育園に息子を迎えに行く姿を目撃。小峰がシングルマザーだということを知る。「傷物は傷物同士、何も聞かないのが礼儀。」と言う小峰。
帰り道、あおいはある男女連れの女性の方が突然血を吐く姿を目撃する。あおいによる応急処置がなされ、女性は救急車で運ばれていったが、次の日あおいが緊急外来を訪ねると、一番近いはずの桜川病院に、どの患者も運ばれていないことがわかる。

一泊十万円の特別室が埋まった。会社の定期検診で便の潜血反応が陽性だった営業マン野呂が、田所に押し切られ、自腹で特別室に泊まることになったのだ。ベッド稼働率90パーセントを維持できたと、婦長はゴキゲンである。担当はあおい。
翌日、点滴の時間、あおいの目が届かない隙に野呂がいなくなる。野呂は屋上で子供達の為に風船を作っていたのだ。地方の薬屋回りをしていた頃に覚えた芸なのだが、名前の通りノロマなので今はリストラ候補、病院担当でいられるのは田所のおかげだというのだ。
その田所だが、腰ぎんちゃくの江藤を連れて気持ちが油断したか、麻酔を大量に使い、見つけたポリープを確かめもせずに即切除する。
その後、野呂の調子がおかしくなる。
野呂の様子から、あおいは、穿孔(せんこう)を疑い、一刻も早く検査が必要だと言うが、江藤からそれを聞いた田所は、様子を見るべきだと言う。部長の浜松も、医師と患者をつなぐのは看護士の仕事と、逃げてしまう。江藤もなにか力になるわけでもなくちょろちょろしているだけ。
あおいは高木を呼ぶが、高木は他の患者にかかりっきり。
野呂は田所を気遣い、我慢をすると言う。
来年度から病院の薬は本院で一括して仕入れるということを告げ、「野呂さんは、田所先生に利用されているんですよ。」というあおいに、
「知っています。知っていてもこうするしかないんです。」と野呂。

田所はミーティング後、食事に行ってしまう。一々気に障るらしい。
あおいはレントゲン技師の片桐を捕まえるが、医師の指示証がないレントゲンは法律違反。
片桐に、「私はナースです。医者と患者さんをつなぐ唯一の架け橋なんです。」と言うあおい。
後日合コンのセッティングを条件に、レントゲンを承諾する。
麻酔が切れた野呂は腹を押さえながらのたうちまわっている。携帯型レントゲンが患者室に運びこまれた。
結果はフリーエアー。穿孔によるガスである。
婦長の指導で野呂への手術の段取りが。しかしその時外科の医師は一人も手が空いておらず、内科の高木もお手上げ。その時、アルバイトの北沢が、副院長が車で帰ろうとしているのを発見、あおいは車の前に立ち塞がり、副院長にオペを懇願。返事をしぶる副院長。
「あんたのせいでとばっちりが・・・」とあおいに言う小峰。
だが結局オペは行われ一件落着、手術室から出てきた副院長の顔をはじめて見たあおいは、副院長が、先日救急車を呼んだ男女二人連れの男性だったと知る。あの女性は副院長の妻で、その夜は、他の救急病院に連れて行ったということだった。
手術が終わった副院長のもとに駆けつけ、言い訳をする田所だが
「きみ、だれ?」と言われ、点数をかせぐどころではない。

二週間後、野呂は退院する。田所の逆鱗に触れた野呂は病院担当から外れ、地方回りに逆戻りしたらしい。
「でも、自分にはそういう仕事の方があっているかもしれない、そういう意味でも、田所先生には感謝している。」と野呂は言う。
「あおいスペシャルです。」
野呂はあおいの為に風船に鈴の入った子犬を贈る。
看護士の笑顔や励ましの言葉に、患者がどれほど勇気づけられるか。薄れる意識の中で、がんばって!というあおいの声がずうっと聞こえていた。これからもそ患者の希望の鈴を鳴らし続けてほしい。そう野呂は言い、去っていった。

その後田所により、医師法違反の理由であおいの処分が求められたが、総師長は、患者放置、気が緩んでいると田所を責め、あおいは無罪放免、もう一度職場に復帰できることとなった。
この病院を変えてゆくあおいに、
「奇跡がおこるかもな。」という高木。
「絶対奇跡はおきない。」という小峰。

田所は、虫のいどころがおさまらない。高級料亭に高木を呼び出し、あおいがなぜ本院を辞めさせられたのか調べるよう命じる。


レビュー
院のエース田所が新人ちゃんに叩かれ、ついに埃が出てしまうという回。人に皆節度有りといった内容。
ただ田所は、医療ミスに対し責められるのではなく、与えられた猶予に心を改めることなく、自己弁護に終止してしまったことを咎められており、真に大切なものとは何か、総師長によるいっそう厳しい線が引かれた回である。それはきっと総師長個人としての判断であり、物語後半に連鎖していくと思われるが皆さんの意見は如何だろうか。笑劇めいた頼りない男をこの回に併置し、粘り気ある人生を醸し出しているのも味わい深く、ボタン一つでミサイルを発射する軍人のような田所があおいに糾弾される。第一話で確かめられた個々の意識が、どのような根をもって進歩していくのか、その多様性の織りなすダイナミズムが見所である。
慇懃無礼の輩達、人格的なポテンシャルは・・?


ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。

[PR]
# by mitachan2006jan | 2006-01-18 02:35 | ストーリー&レビュー

ドラマ 小早川伸木の恋  第一回 2006年1月12日放送 あらすじ&レビュー

小早川伸木が家宅するところから物語ははじまる。玄関で声をかけたが返事がない。「!」突然、妻の妙子の包丁が伸木の目の前に。今日携帯電話に女が出たというのだ。妙子は包丁を振りかざす。伸木は妻を懸命になだめる。妄想に心がとりつかれた妙子は、とりつく島もない。根をつめて気長になだめる伸木。いつものことだ。結婚して七年。昔の傷のせいで極度の心配性になってしまっている妙子は、伸木を疑うことでしか生きられなくなっていた。

続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。

[PR]
# by mitachan2006jan | 2006-01-15 16:02 | 2006年第1期ドラマ

ドラマ 西遊記 第一回 2006年1月9日放送 あらすじ&レビュー

第一話 
トリの身体に白い羽をまとった幻翼大王が子供を捉えている。
そこに助けに来る三蔵と一行。格好のよい出だしのコント(笑)
が終わりタイトル。
(紙芝居風)「空にリュウが飛んでいたころの物語。目指すは大雷
音寺。」
砂漠をいく一行。水がないと不平を言う悟空。八戒・悟淨と言い争い
になる。
察するに、どうやらこの猿は一番新参者のようだ。叱る三蔵、なけなし
の水を健気に咲く花にやる。「ふざけんなありえねえ!」「弟子より花
が大事なんですか?」「計画性がなさすぎます!」弟子に責められ、
三蔵は泣き出す。あわてて座を繕おうとする三匹。猿に、悔いるという
気持ちはまだ分からない様だ。

続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。

[PR]
# by mitachan2006jan | 2006-01-11 17:58 | 2006年第1期ドラマ

大河ドラマ 功名が辻 第一回 2006年1月8日放送 あらすじ&レビュー

第一回 桶狭間
今から430年も前のこと・・
千代は、近江浅井領の地侍の娘として生まれる。農作業に精を出す毎日。ある日、
六角氏との争いが始まり、父は戦に駆り出される。出立の時父は、病気の母を頼む。
もし私が戻らなかったら美濃の不破氏を頼るのだと千代に言い、馬に乗って行って
しまう。千代は櫓の上から、父の後姿が点になるまで見送る。


続きを読む
[PR]
# by mitachan2006jan | 2006-01-11 17:57 | 2006年第1期ドラマ

ドラマ Ns' あおい  第一回 2006年1月10日放送 あらすじ&レビュー

第一回

夜の国道。私設救急車(?)が渋滞に巻き込まれている。中には骨折の患者が。付き添う
あおい。患者の容態が急変。「山田さん!山田さん!」あおいは必死に心臓マッサージす
るのだが・・・
あおいの部屋。夢から覚める。今日は新しい職場の初日。遅れたくはない。猛スピードで
自転車を漕ぐ。八百屋の前、小型バイクがあおいを追い抜いて行く。バランスを失って倒
れるあおい。八百屋に自転車ごと突っ込む。八百屋の優しいおばさんは、転がったりんご
をあおいに渡し、「どうせ売れないから持っていきなさい」と言う。新しい病院の前で、あお
いは健闘を誓う。
「あなたが本院のお荷物ね。」総師長の泉田は、「この病院の別名は最終処分場。何が
起きたかではなく、何をしたかが問題だ。」とあおいに釘をさす。あおいは元気に職場に
向かうが、ナース達はそろって無視。最初の仕事はコーヒー係、砂糖とミルクのサービス
までさせられる始末。そこに現れたのが内科医の高木医師。朝あおいを追い越したバイ
クに乗っていた張本人である。「ひき逃げ」しかけた高木を、あおいは問い詰めようとする
が、あまり聞いてないみたいだ。
仕事が欲しいあおいだが、何もさせてもらえない。ナースコールが鳴り、あおいは駆けつ
けるが、小峰に「私の患者にさわらないで!」と、逆に叱られてしまう。ここでは、何もしな
いのが仕事だという。備品、機材のチェックを命じられる。
初日の仕事が終わる。更衣室であおいは、自分が病室で患者とエッチしていたと噂して
いる看護婦の話を聞く。慌てて否定するあおい。
病院をでるあおいと小峰の前に、急性アルコールの患者が。小峰は、ここは外来だから
救急車を呼んだ方がいいと冷たくあしらう。あおいは強引に患者を病院に連れていく。当
直の江藤は耳鼻科の医師。なんとも頼りない。あおいは江藤を差し置いて的確な処置を
施す。
帰り際、あおいは、騒動をずっと見ていた高木に、救命病棟にいたことを悟られる。
あおいは小峰に、この病院もはまともな医師がいないのかと尋ねる。小峰はそんなあおい
に対し、今の意識を変え、もっと病院に対して警戒するように注意する。
小峰は帰る途中、ある居酒屋の前を通り過ぎる。先ほどの患者は小峰の知り合いだったら
しい。若者から「姫」と呼ばれている小峰。
次の日から、小峰は少しずつあおいに仕事を与えていく。あの一件で少しあおいを認めた
しい。高木はその違いに気がつき、小峰をちょっとカラかう。
担当の患者梅沢は、りんごをくれた八百屋のおばあさんだった。担当は田所医師。あおい
は検査がやけに多いことに気がつく。
廊下で梅沢車椅子を引くあおい。梅沢は亭主を早く亡くし、わが息子を女手ひとつで育てた
という。あおいはこの親子の絆の深さを知る。
MRAの検査室。なぜか高木がいる。冷やかしに来たみたいだが、内科としてのアドバイス
を残していく。そのときあおいは単に聞き過ごすのだが。
一日の検査が終わり、あおいは梅沢の息子と話をする。息子は、八百屋を継ぎたくはない
のだが亡き父の遺した店を継いで自分を育てた母親に、これから恩返しせねばと、独り言
のようにしみじみ言う。
梅沢の部屋。あおいは肩をもんであげる。息子がそっと代わり、梅沢の気持ちよさそうな声
を、後ろから聞いている。美しい光景。
ナースステーション。あおいは高木に対し、「ここは先生の休憩所ではありませんから」と、
冷たくあしらう。
夜。梅沢は眠れないらしい。あおいは、梅沢の歯がうずくことが気にかかる。
その頃梅沢の八百屋では、息子が慣れない野菜の仕分けをしている。高木が通りかかり、
少し立ち止まってそれを眺めている。
病院。当直の田所にあおいは梅沢の歯痛の処方を尋ねるが、「歯痛は私の専門ではない。
君は看護士の分際で医者に意見するのかね」と、ピシャリと言われ、返す言葉を失う。
あおいは、以前救命にいた頃、似たような患者が亡くなったことを思い出し、小峰に心電図
を貸してもらえないかと頼む。小峰は少し考えるが、決断を下し、心電図を取り寄せる。
にわかに忙しくなる。小峰は、一人まともな医者がいると言い、病室を出て行く。
梅沢が倒れた。あおいの心配は的中した。
息子も電話でそれを聞き、すぐ駆けつけて来る。
心電図は、心筋梗塞を示していた。高木が駆けつける。脈が弱っている。心臓マッサージ、
電気ショック・・・患者の脈が止まる。あおいは言う。「1パーセントでも助かる可能性がある
なら私は絶対に諦めない。」続けられる電気ショック。患者は息を吹き返す。
田所が入ってくる。あおいは、患者の近くにいた自分の進言を無視した田所を責め、手術
室へ。
高木によって手術は行われ、患者はふたたび命を取り戻した。
梅沢の病室。田所が病状を説明。梅沢の息子に感謝されている。あおいはなんとも言えず
それを見ていた。
あおいは高木に、歯痛の話で助けに来てくれたことの礼を述べる。それよりも雑誌の袋とじ
に夢中な高木。
帰り道。看護士としての希望を語るあおいに小峰は、結局病院なんて変えられない。期待
せず早く割り切ったほうがいいと言う。
車で通りかかる田所に敵意を示しているあおいを、泉田は窓ごしに見ていた。


レビュー
このたびの火曜ドラマはこれ。脚本の吉田智子氏には、「美女か野獣」「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」がある。同氏は、「現代」において、がんばる女性の姿を描く。はじめは広告代理店の社員だったらしいが、そういうものさしも持っているかもしれない。
ところで、氏が描きたいのは、単に、がんばっている姿ではなく、時には悩んだり、自分を曲げたりしながら生きて行く、現実的な「真面目さ」である。あおいにおいては、立派な使命を持ちながら、自分の人生をきちんと生きるという、その部分を描けるのだろうか?
娯楽から一歩進んだ展開を期待したい。
さて、巨大な病院という機構を主人公は相手に回すわけだが、そこで見たのは、白衣を着たビジネスマンの姿だった。彼らはセレブリティーに同調しながら、医療の根本的問題意識を回避していく。雨が降ればゲロゲロ泣く雨蛙のような、利潤追求の受動的エゴイズムに、一矢報いることができるか、あおいには人間のそういった器用さそのものと対決してほしいと思うのだが。
石原ひとみは今回の役で、セーラー服からはじめて脱却して白衣へとを着替えた。いわゆる「8時顔」から9時の夜の戸張にどれほど馴染んでいいくのか、パロディに安易に流されず、甘さの向こう側の、芯の通った反骨精神を明るく表現してほしい。期待しよう。


ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。



テレビドラマの時間 三田ちゃんのそら見たことか
[PR]
# by mitachan2006jan | 2006-01-11 03:11 | ストーリー&レビュー

スタッフ キャスト


■キャスト
美空あおい(看護師・23歳) … 石原さとみ
高樹源太(内科医・42歳) … 柳葉敏郎
小峰響子(主任看護師・38歳) … 杉田かおる
江藤 誠(研修医・35歳) … 八嶋智人
北沢タケシ(看護助手・23歳) … 小山慶一郎(NEWS)
田所義男(内科主任・43歳) … 西村雅彦
泉田てる(総師長・47歳) … 片平なぎさ

■原作
 こしのりょう「Ns’あおい」(講談社『モーニング』連載中)

■脚本
 吉田智子

■企画
 金井卓也(フジテレビ)

■プロデューサー
 小椋久雄
 永井麗子(共同テレビ)

■演出
 土方政人
 都築淳一
 石川淳一

■音楽
 福島祐子
 澤野弘之

■制作
 フジテレビ
 共同テレビ
■主題歌
 コブクロ「桜」
■オープニング曲
 オオゼキタク「Destination」


番組HP
http://www.fujitv.co.jp/aoi/index2.html
[PR]
# by mitachan2006jan | 2006-01-06 22:31 | 情報